「昭和30年代のノスタルジー」 昭和32年8月 初代ミゼット発売 。昭和33年に東京タワーが完成、高速道や新幹線が開業し、39年に東京オリンピックが開催されました。貧しかった日本はワクワク感のある昭和の成長期に入ったのです。そんなノスタルジーさを映画化した「ALWAYS三丁目の夕日」の時代背景を昭和レトロパーク「湯布院昭和館」-ALWAYS-でお楽しみください。同じ時代に日本全国を放浪し、九州に多くの足跡を残した山下清画伯作品の常設展示もお楽しみください。

国内で一番たくさん残っているのが、「金鳥」と「キンチョール」の看板だろう。特徴的な菱形看板は忘れようとしても忘れられない。誰もがホーロー看板といえば、この組み合わせを思い出すに違いない。
さて、それほど有名な金鳥看板は、昭和30年代後半から60年代初頭にかけて実に30年近くも全国津々浦々に貼られ続けた。国内で8000組、香港でも200組が貼られたという。

 

※琺瑯看板体が行くから引用

サイトマップ

ホーム

 

山下清原画展

 

駄菓子屋

 

会社案内

 

・エージェントの皆様へ

 

プライバシーポリシー

 

お問い合わせ

 

リンク

 

・ショッピングサイト(準備中)

 

・特定取引法(準備中)